反応焼結シングルスパイラル発熱体

Reaction Bonded Single Spiraled Heating Elements

スパイロヒート発熱体は反応焼結アルファシリコンカーバイドの薄肉管状の細粒材から出来ており、高密度で耐酸化性があります。スパイロヒート発熱体は、最高温度1600℃までのほとんどの産業用途、ラボ用途の炉で使用されています。

 

スパイロヒート発熱体は反応焼結アルファシリコンカーバイドの薄肉管状の細粒材から出来ているため、急速加熱・急速冷却のサイクル、苛酷な熱衝撃、高負荷電力にも耐えることができます。スパイロヒート発熱体製品ラインは、多様な熱処理に対応するよう異なる形態で御提供可能です。